Goldfireのあゆみ

1975

若きロシア人の夢

ロシアの若手起業家Valery Tsourikovは、ベラルーシのミンスクでコンピュータサイエンスの修士号を取得するために研究に取り組んでいました。彼は人工知能の概念に興味を持っていましたが、アメリカの名門大学がすでにこの技術の最も注目される分野に投資を始めていることを知りました。その代わり、彼は機械に発明を教えることができたらかっこいいだろうと考え、それに乗り出しました。

1983

Tsourikovの初のAI成功

10年後 Tsourikovはそれまでアイデアであったものを世間に発表する機会を得ます。新しい数学的アルゴリズムを開発した際に、それを検証するプログラムです。彼は、これらのコンピュータ生成アルゴリズムの2万モジュールをモスクワ電気通信大学、地球外知性探索プログラムに寄付しました。

1990

Invention Machine社の誕生

Tsourikovは正式にミンスクで Invention Machine社を立ち上げて製品を販売し、すぐにソビエトの産業界の大手企業800社における導入プログラムに成功します。

*オリジナルチーム、下の写真”

1991

米国での成功

5枚のフロッピーディスクを手に携えて、Tsourikovはアメリカでの成功を夢見てニューヨークに飛びます。

1990年代半ば

Invention Machine社の成長

ボストンの投資家グループは、Tsourikovが夢を叶えるために必要な支援を与え、Invention Machine社はついに成長のチャンスを得ます。

90年代後半には、Tsourikovは成功を掴んでいました。ボストンに拠点を置く会社は、アメリカとヨーロッパで200人以上の従業員を抱え、年間売上高は1,000万ドルを超えます。

2002

経営陣の変革

Invention Machine社 が様々な業界で成功を収める中、経営管理の専門家であるMark E. Atkinsが興味を持ちました。AtkinsはすぐにTsourikovからInvention Machine を引き継ぎ、会社の成長を促進し、発展させることを目的とします。

2004

Invention Machine社は「Goldfire Innovator」を発表しました。エンジニアや科学者がアイデアを発想しやすい仕組みを作り、アイデアを検証することで、イノベーション・コストを削減し、市場投入までの時間を短縮することができます。Invention Machine社独自のセマンティックリサーチ技術を搭載したソフトウェアは、単一のプラットフォームに統合された初めてのイノベーションプロセス支援のアプリケーションです。

2012

IHS社がInvention Machine社を買収

イノベーション・ソリューションのさらなる発展を目的に、IHS社はInvention Machine社を買収しました。この2つの企業は、内部および外部の豊富な情報から有益な知識を発見するという点で相性が良いと言えます。Invention Machine社の特許技術により、IHS社はエンジニアが基礎データを実用的な知識として活用でき、より良い意思決定を迅速に行えるようにすることで、エンジニアへのサービスを向上させることが可能になりました。

現在

先端ソリューション提供の継続

2012年以来、GoldfireはNASA、Mondelez社、Airbus社、Honeywell社など、世界中の企業にソリューションを提供しており、よりスマートな構築、より迅速なイノベーション、そして明日の創造を支援しています。

Goldfireチーム

私たちの心の中にあるもの

私たちが今読んで、聞いて、考えているいくつかの作品をチェックしてみてください。

1/3